INTERVIEWS

村山商店は自分が自信を持って働ける環境がある

港運部 (港湾荷役技術員)

芳賀 真太HAGA SHINTA

入社のきっかけを教えてください

職業安定所にいきまして、村山商店の募集を見つけたのがきっかけです。もともとフォークリフトの免許を持っていたこともあって、その資格を活かそうと思って就職活動をしていました。

村山商店の求人にフォークリフトの作業があると記載があり、港湾という分野にも興味があったので、応募いたしました。

現在どんなお仕事をされていますか

コンテナターミナルで本船からの荷揚げ・荷積みを行っています。それから、外船から果物を輸入したりもしますね。

入社前は、港湾作業について詳しい内容を知らなかったのですが、実際に仕事をしてみると、意外に身近なものが関わっていて驚きました。スーパーやコンビニに並んでいる果物を見て、自分たちがやった作業を思い返したりもします。

港湾作業というのは、多くの人に知られている仕事ではないかもしれません。でも、身近なところでみんなの生活を支えています。日本の貿易において海上輸送が9割以上占めているとも言われています。大変な事も多いですが、仲間同士で知恵を出し合って、協力してひと仕事やり遂げた時の達成感は格別です。

これからの夢・目標はありますか

この仕事はギャングと呼ばれるグループにて作業を行い、当社では10人程でまとまって作業する事が多いのですが、やっぱり大変な状況というのもあります。

そういうしんどい時に、親方をはじめ、皆でいろいろ考えながら作業をこなしたりして。それが安全に、限られた時間内に作業を終えられた時に大きなやりがいを感じます。

村山商店は川崎港だけでなく、他港を見渡しても歴史の長い企業です。それだけ長い間会社があるというのは、先人達の知恵や努力があってのものだと思います。それに続けられるように、作業員一同で仕事のやりがいを大切にしながら頑張っていきたいと思っています。

SCHEDULE

1日のスケジュールを教えてください

基本的には8時に会社を出発して作業現場へ向かいます。日々の作業状況により現場が異なり、東京港や横浜港の際はもう少し早く出発します。

現場に到着してからミーティングを行い、8時半から作業を行います。

作業現場により担当役割は異なりますが、コンテナターミナルにて行う作業は約2時間おきに休憩を挟みみながら、17時頃に作業を終えて帰社します。夜勤もありますが、基本的には同じ流れで作業を進めます。

  • 8:00

    会社を出て、現場にてミーティング

  • 8:30

    作業開始
    本船の着岸時間により、多少の変更になる可能性はあるが
    基本的には作業プランに従い作業を行う

  • 10:00

    一服。夏場などは多めに取ることも

  • 12:00

    昼休憩

  • 13:00

    午前同様、作業プランに従い安全作業

  • 17:00

    作業終了、帰社

最後に村山商店へ入社を考えている方へ
メッセージをお願いします。

大変なところもある仕事ですので、やる気と体力があって、ガッツを持って仕事に取り組める人に入って来てもらえたらと思います。

人間関係は本当にいい会社です。先輩も仕事の時は厳しかったりもありますが、休憩時間になったらみんなこう、和気あいあいと楽しくやっています。

経験する機会のない仕事だと思うので、はじめはちょっと戸惑うかもしれません。でも、慣れるまでは、周りがしっかりフォローしてくれます。これについては、身をもって知っているので保証できます。

やる気がある人、やりがいのある仕事をやりたい人は、ぜひ入って来てくれたらと思います。

インタビュー動画