HISTORY

村山商店の歴史を振り返ります。

日本の近代化と軌を一にして、村山商店は力強く、しなやかに成長してきました。
そして、これからも着実に歩み続けます。

  • 1873年
    明治6年
    5月

    村山善吉個人経営で横浜松影町にて港湾関係事業を開始する

             

  • 1918年
    大正7年
    9月

    関東大震災発生

    10月

    資本金10万円の株式会社村山商店を設立し、港湾荷役事業の拡大をはかる

  • 1931年
    昭和6年
             
    5月

    川崎市川崎区に川崎営業所を設置

  •        
  • 1945年
    昭和20年
    8月

    終戦

    10月

    米軍統治規制により、横浜港再構築を断念。本社機能を川崎市に移す


    戦後の川崎営業所

  • 1951年
    昭和26年
    8月

    港湾事業部門、港湾運送事業法1種、2種、3種、4種を登録し、一貫直営体制を確立

  • 1960年
    昭和35年
    3月

    一般区域(限定)貨物自動車運送事業免許取得

  • 1963年
    昭和38年
             
    11月

    港湾運送事業法免許制度実施により、1種、2種、3種、4種各事業免許を取得

  • 1964年
    昭和39年
    10月
            

    東京オリンピック開催

            


    当時の本社

  • 1973
    昭和48年
             
    5月

    創業100周年


    100周年記念表彰式

  • 1975
    昭和50年
             
    11月

    貨物運送取扱事業登録

  • 1979年
    昭和54年
    8月

    一般区域貨物運送取扱事業免許取得

  • 1983年
    昭和58年
    10月

    産業廃棄物処理業(収集運搬免許)を川崎市、横浜市より取得

  • 1986年
    昭和61年
    3月

    川崎市東扇島に5000平方メートルの港湾用地を取得

  • 1987年
    昭和62年
    6月

    川崎市東扇島に保管センター(保税上屋)を建設

             
    7月

    港湾運送事業法改正により、港湾荷役事業(船内荷役事業、沿岸荷役事業)の免許取得

  • 1992年
    平成4年
    4月

    本社を川崎市川崎区東扇島38番地1「川崎市港湾振興会館内」に移す


    本社/川崎マリエン

  • 1998年
    平成10年
    7月

    関連会社株式会社マルストランスポーテーション設立、これに伴い陸運部門の「貨物自動車運送事業免許」を同時に譲渡、併せて倉庫・工場荷役作業事業を開始

    2月

    長野冬季オリンピック開催

  • 2000年
    平成12年
    10月

    港湾労働者派遣事業許可取得

  • 2004年
    平成16年
    6月

    村山商店通関業免許取得

  • 2005年
    平成17年
    12月

    ISO認証取得(ISO 9001:2000)
    輸出入貨物及び通関業務(スクラップ、合板)

  • 2007年
    平成19年
    9月

    第二種貨物利用運送事業(外航海運)許可取得

  • 2008年
    平成20年
    9月

    韓国鉄鋼大手POSCOが東扇島地区に物流拠点としてPOSCO-JYPC設立に資本参加し、港湾物流を全面受注

  • 2010年
    平成22年
    4月

    東京支店通関業取得

  • 2011年
    平成23年
    10月

    東扇島第4保税倉庫4,700㎡倉庫取得

    3月

    東日本大震災発生

  • 2013年
    平成25年
    5月
             

    創業140周年 社史発行

  • 2015年
    平成27年
    4月

    港運部事務所を川崎区千鳥町7番1号「ポートサイドカワサキ」に移す